ギャンブル依存を防止するためのカジノ当局の取り組みの確認

ギャンブル依存を防止するためのカジノ当局の取り組みの確認

ここ数年、私は賭けの予測という問題に取り組んできましたが、最近、ある問題を防ぐことの重要性を痛感しています。強制的な賭けを防ぐことは、長期的に見れば膨大な金額、時間、労力を節約することに繋がります。「事前」の大きな利点を踏まえると、それは依然として、依存において最も軽視されている側面のひとつです。このトピックに関するすべての記事が回復に焦点を当てており、賭けの「抹消」を期待することについては、シンプルな視点に留まっていることにお気づきでしょうか。治療と禁欲のみを強調するのは、溢れているシンクの底を掃除しようとするようなものです。そもそもジレンマを予想することに取り組んでいれば、このような混乱は起きなかったかもしれません。

現金に上限を設ける

一定額の現金を持っていき、パスを回収しましょう。本来の目的以上にお金を使うことが予想されるので、カードを自宅に置いておき、一定の金額を賭けの予算に充てれば上手く行きます。国内市場にカードを置いておけば、ATMを利用する際にATM手数料を節約することも可能になります。

予算をどれぐらい設定しますか?

ギャンブルとは、一種の興奮と捉えましょう。人によってそれは様々です。夜遊びでどれくらいの金額を一日に使いますか?予算に関係なく、すべてのお金を投資してしまうことを想定しましょう。なぜ全額を投資してしまうのでしょうか?まず、プレイヤーよりも利益が最適化されたカジノに賭ける場合ですが、これは最も可能性が高いケースです。それに比べて、予算の全額を投資することを期待する脳科学は、あなたが幻滅するのを防ぐため、より多くの賭けをすることでお金を稼ぐことを促します。

上限を設定する。

それでもなお、先に進み、キャッシュを投げ込んで、すべてを無駄にしますか?これは、自分を見つけて、身を引く必要があるときに対処することができる、より洗練された予算編成の枠組みである可能性があります。上限を設定するとは、将来的に自分自身を見つけるために金額を設定することを意味します。上限を20ドルから30ドル先まで設定した場合、20ドル先までプレイを続けてやめてしまいます。上限を高く設定することで、自分が先行しているときにやめる確率が高まるものです。メンタルを維持することは常に役立ち、状況によっては予算を全て使い切ることもあるでしょうが、何かが欠けてしまった後は、厳しい制限を設けておくことが妥当です。

財布を分けて使う

これは、特に大部分を遅く取る場合に、成功したアプローチになる可能性があります。完全に別の財布を持つことで、習慣的な予算と、賭け事に使える追加の現金は別です。この財布を「娯楽のお金」として持っていると、超過した時にも違いが出てきます。場合によっては、ギャンブル代には通常の娯楽予算が含まれないこともあります。