カジノギャンブルの意義と依存症の予防

カジノギャンブルの意義と依存症の予防

できないことはやらないようにしましょう。このテーマについてよく考えて、ギャンブル依存の問題を抱えていることを認め、人生から賭け事を排除する必要があります。米国の医療関係者は、ギャンブル依存症を「情緒的な幸福度の高い状態」として、アルコールや麻薬による依存症と区別しています。次の場合は注意が必要かも知れません:より多くの現金で賭ける機会がある場合、プレイしていない時に意欲やフラクタリティーについて考えている場合、ギャンブルを避けることを試みたが上手く行かなかった場合、ギャンブルする気が無くなった場合、緊張をコントロールするために賭けていることに気づいた場合

カスタマーサービスチームの統合

さて、問題を特定できたところで、背景的な支援について探りましょう。Bolster bunchesは、共通の背景や視点を持つ人々によって運営されている組織です。高度なセッションには専門家の介入が必要ですが、これらは一対一またはオンラインのチャットルームで無料で利用できます。Mysterious gamblerは、ギャンブル問題を抱える人々のために特別に構築されました。このグループは、MysteriousOpiates Anonymousheavy drinkersのような他の背景グループによって使用されているおなじみの12段階のアプローチに基づいています。ギャンブル問題についてはSteering Committeeのベッティングヘルプラインに問い合わせることで、プレイヤーのためのセッションの促進に関するより多くのデータを入手することができます。彼らはギャンブル問題を抱えている人のための意見やコンテンツに関するサポートを提供し、ギャンブルの試験を監督するための支援団体にあなたを導きます。

誘惑の排除

ギャンブルはつまずきだったかもしれませんが、習慣としての賭け事は、自分の能力を使って自分自身を回復させ、逆転することができるので、注目すべき一歩かもしれません。回復中の人にとっては、ギャンブルに関連する人物、場所、活動から戦略的な距離を保つのに役立ちます。これらのきっかけを防ぐことで、賭け事を促す思考や感情から戦略的な距離を保つことができます。仕事帰りにカジノの前を車で通ることで、賭けに関する考えが浮かび上がってきたら、家庭を選びましょう。スポーツ観戦に賭けがしたくなっても、他のことに目を向けることを検討しなければなりません。カードを切り詰めて、人生のパートナーに勘定をさせましょう。それに、お酒の問題を抱えている人はバーには行ってはいけません。きっかけを見極めてそこから逃げなければなりません。

賭け事はなかなかやめられませんし依存症の不安を伴います。全体的な行動には、長い時間という確固たる傾向が必要となります。ブックメーカーに電話したり、スロットマシンをプレイしに行ったり、給料を引き出したりといったギャンブルの行動をしたくなります。渇望は強力で、それに陥ってしまうと、永遠の果てのように感じます。しかし、そうではありません。すべての欲求には始まりと中心と終わりがあります。賭けを続ける中でリハビリを始めることができます。この問いに対する適切な答えとしては、願望、気持ち、考え、時間の長さをよく考えてみることです。自分の情熱に目を向けることで、自分をコントロールできなくなってきます。状況を理解したら、賭けのプロセスに関するいくつかの考慮事項やイベントをリストアップしましょう。